sir-etok note

RECOMMEND | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.03.14 Monday ... - / -
#蜃気楼・幻氷写真展
2014年の流氷は、若干南下が遅れているようですね〜。
それでも最近の斜里はかなり冷え込んでおります。
わが家はトイレが凍結し、大変な思いをしました…。

さてさて先日、知床博物館で開かれている
「神秘のゆらめき 蜃気楼・幻氷写真展」の展示解説会に行ってきました!

シリエトクノートでお世話になっている気象予報士、佐藤トモ子さんが担当するこの展示。
町内のアマチュアカメラマンさんたちが撮った蜃気楼や幻氷、四角い太陽などの写真がずらり!でした。

海面と空気の温度差により光の屈折が生じ、幻想的な風景が見られるというこの現象。
富山や小樽が有名ですが、実は斜里もかなりの頻度で蜃気楼が見られているそうです。
蜃気楼といっても、対象物が上に伸びたように見える上位蜃気楼というタイプですね。
(このあたりはシリエトクノート8号に詳しく載っています〜)

ここは富山や小樽のように海沿いに高い建物がないので、
観察の難易度は高めですが、慣れてしまえば本当によく見られるのだとか。
網走の夜景が伸びたり、能取岬が伸びたり、小清水のフレトイ展望台が伸びたり……。

そして何と言っても斜里特有なのは流氷!
流氷の蜃気楼のことを「幻氷」というので、これは本当にここでしか見られないものかも。
普段何気なく見ている風景が実はとても貴重なものだった、ということもありそうです。

いろいろな条件が重なったときにだけ見られる蜃気楼や幻氷。
まさに自然の神秘ですね〜。

蜃気楼写真展


展示は1月31日までやっています。
興味のある方はぜひ知床博物館(斜里町本町49)へ!




 
2014.01.15 Wednesday ... comments(0) / trackbacks(0)
#スポンサーサイト
2016.03.14 Monday ... - / -
#Comment








#Trackback
Trackback URL: http://sir-etok-note.jugem.jp/trackback/127
<< NEW | TOP | OLD>>