sir-etok note

RECOMMEND | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.03.14 Monday ... - / -
#遅ればせながら今年もよろしくお願いします
2016年がスタートしてもはや約1カ月。
年末のごあいさつ後、すっかりご無沙汰しておりました。

その間、斜里はというと、
穏やかで雪の少ないお正月だったものの、
先週には毎年恒例となりつつある暴風雪がありました。
そして今日はなんと九州、奄美大島でも積雪のニュースが!!
皆さま大雪・暴風雪にはくれぐれもお気をつけ下さい。


さてさて、知床的な冬の話題をいくつか。

◎流氷は少し遅れ気味です。
昨年は1月12日に網走で流氷初日(肉眼で流氷が初めて見えた日)だったそうで。
びっしりと接岸するのは2月に入ってからかなあ…と予想します。

流氷
こちらは昨年の写真です。流氷びっしりでまるで陸地。


◎知床五湖の厳冬期のエコツアーも23日にスタートした模様です。
http://www.shiretoko.asia/shiretoko_goko_winter.html
普通冬は立ち入りできない五湖を歩くこのツアー、すごくおススメです。


◎今回を最後に終了してしまうイベント「オーロラファンタジー」も、
2月5日から3月12日までの日程で始まります。
http://blog.shiretoko.asia/2015/12/30final25312.html


◎シリエトクノートの連載でもご紹介してきた斜里の蜃気楼について!
朝日新聞(北海道版)に大きく記事がのりました〜。
http://www.asahi.com/articles/ASJ1N61M6J1NIIPE02K.html(全文読むには登録必要)
まだまだ認知度は低いかもしれませんが、斜里は蜃気楼の名所なのです。
特に流氷の蜃気楼は幻氷と言って、とても珍しい現象なんですよ。
(というか、流氷が来るところしか見られないので全国的に珍しくなるのは間違いない!)
地元の有志がPRを頑張っています!



23日夜には町内で開催された「ふるさとテレワークシンポジウムin斜里」に参加してきました。
「テレワーク」とは離れて働くこと。ICTを活用し、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことを指します。

なぜ斜里がテレワークなのか?というと、
斜里町は同じオホーツク管内の北見市と一緒に「ふるさとテレワーク」という事業を進めているのですね。
東京など首都圏の企業で働く方々が一定期間こちらにやってきて、
ICTを駆使しながら、東京で働くのと同じように仕事をするというものです。

斜里には、いつも検索や地図でお世話になっているGoogleなどの社員さんがやってきて、
いつもとは違う環境で仕事をなさったそうです。
そのGoogleの社員さんや他の会社の社長さんらが集ったシンポジウムで、
外の方の、しかもIT業界でバリバリ働いている方々の声が聞けて、
何だか貴重な体験だったな〜と思いました。

テレワークシンポジウム

その中で、まだまだ斜里(知床)の発信が足りないと。
発信は「機会」と「量」だというお話がありましたので、
それを実践すべく、早速ブログを書いています。笑

シリエトクノート編集部も、実は特定の事務所などはなく、
それぞれが製作したものをネット上でやり取りしながら仕事を進めたりします。

子育てや親の介護をしやすくするとか、企業のリスク分散、地域との交流などなど、
テレワークのメリットにはいろいろな要素がありますが、
地方で暮らしながら働く者として、本当にいろいろな可能性が広がる働き方だなあと思っています。
 
2016.01.24 Sunday ... comments(0) / trackbacks(0)
#スポンサーサイト
2016.03.14 Monday ... - / -
#Comment








#Trackback
Trackback URL: http://sir-etok-note.jugem.jp/trackback/162
<< NEW | TOP | OLD>>